料理レシピ本大賞 in Japanとは

  • HOME »
  • 料理レシピ本大賞 in Japanとは

【設立趣旨】
現在書籍市場において「本屋大賞」は言うに及ばず、出版におけるOO大賞関連書籍は、現在、書店市場でヒット商品として、売り上げを伸ばし、読者の衆目を集め、多くのマスコミが関心を持つ原動力となっております。

しかしながら、その選定対象書籍はほとんどの場合、文芸やエッセイ等のジャンルに集中し、例外的に絵本大賞やコミック大賞があるものの、多くのファンがおり、ベストセラーも多数輩出している料理レシピ本のジャンルには読者も出版業界も、一般消費者も確たる指針が無いのが現状です。

そこで、本大賞を通じ改めて「料理レシピ本」の書籍としての指標を示し、また魅力をアピールし、その価値を広く浸透させ、果ては書店店頭を活性化する目的で、「料理レシピ本大賞 in Japan」を創設し、運営することといたしました。

【組織運営】
書店員有志が中心となった『料理レシピ本大賞 in Japan実行委員会』が運営しております。また、取次会社各社、出版社など出版業界各社がサポーターとなり協力しております。

【賞の概要】
料理レシピ本大賞 in Japanは、実施要項内にある《エントリー・選考基準》によって、出版社様からのエントリーを受付け、その中から書店員からなる「書店選考委員」、料理専門家からなる「特別選考委員」による投票によって各賞が決まります。
【2017年度実施要項】
《エントリー・選考基準》
1.レシピが掲載されていること。
2.分かりやすく作りやすい内容であること。
3.日本の食文化、かつ食育に貢献できる内容であること。
4.「美味しそう」「美味しかった」「お客様に薦めたい」と感じた作品であること。
5.一つのカテゴリーに特化し、プロの料理人も使用可能なレシピ本であること。(※ジャンル賞「専門料理賞」のみ対象基準)
【各種お問合せ先】
・本WEBサイト「お問い合わせ先」のフォームをご利用ください。

【ロゴについて】
・料理レシピ本大賞 in Japanのロゴマークは商標登録されておりますので、許可なく使用することができません。出版物、印刷物、宣伝広告等にご使用になる場合は、料理レシピ本大賞 in Japan実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。